wordpressでオリジナルテーマを作ってみよう③~headタグ内を編集~

前回のページのままだとそもそも記事が表示されないので、誰にも読んでもらえないので続けてこの記事も書いておきます。
ただいま、コードの表示がダブって重複されていますがテンプレート作成中なのでご了承ください。

まずはphpファイルのheadタグ内は(ほぼ)テンプレートになっていますね。

少し説明を加えておきます。

ブログ名を出力

こちらのサイトが分かりやすかったです。
テンプレートタグ/bloginfo
bloginfo()はブログの基本情報を出力するタグです。
出力する内容はカッコ内のパラメータで指定します。
リンク先を見ていただければわかりますが、nameやdescriptionやhtml_typeなど様々なパラメータがあります。
nameはブログのタイトル
descriptionはブログの説明、このサイトでは「僕の日々の成長の記録」
html_typeはコンテンツタイプ。text/htmlとかいうやつですね。

viewportの設定

こちらのサイトが分かりやすかったです。
もう逃げない。HTMLのviewportをちゃんと理解する
レスポンシブデザインに対応させたり、ウィンドウの幅を変えたりするときに役立ちます。
役割は上の記事がわかりやすかったです。

タイトルを出力

こちらのサイトが分かりやすかったです。
テンプレートタグ/wp title
現在の記事のタイトルを表示します。
表示されるのはブラウザのタブのとこですよ。

Font Awesomeを利用

この一行を加えるだけでFontAwsomeのアイコンを簡単に使うことができます。
画像使ったりせずにTwitterのアイコンや、Facebookのアイコンを表示させることができるんです。

google web fontの利用

こちらのサイトが分かりやすかったです。
1分でできる Google Web Fonts を使って CSS3 の Web Font を使おう
google web fontが使えるようになります。

現在あるファイルのパスを出力

こちらのサイトが分かりやすかったです。
関数リファレンス/get template directory uri
現在有効化しているテンプレートのURIを出力します。
これによってstyle.cssファイルを読み込むことができます。

コメントを残す