gitの概要メモ 3 branch周辺

ブランチ周辺のコマンドについて。
この辺からがgitの強みだと思う。

git branch

ブランチを作成する。
$ git branch newBranchName ブランチの作成
$ git branch -m newBranchName 現在のブランチ名の変更
$ git branch -d ブランチの削除←コミットしてなかったら無理
$ git branch -D ブランチの削除←何が何でも削除

 

git checkout

基本的に複数のブランチがある時に、ブランチを切り替える為に使用するコマンド。

$ git checkout -b newBranchName branchを作成し、同時にチェックアウトも行う
$ git checkout -b newBranchName CommitID 特定のcommitIDに移動 + brancs作成 + そのブランチをチェックアウトを同時に行う。

 

git merge

まずcheckoutで主枝の方のbranchに移動しておく
$ git merge BranchName

mergeのオプションについては以下のサイトがわかりやすい。
【参考】
図で分かるgit-mergeの–ff, –no-ff, –squashの違い – アジャイルSEを目指すブログ

merge戦略というものがあるらしい

  • Fast-forwardマージ
  • recursiveマージ
  • resolveマージ
  • subtreeマージ

git stash

ワーキングディレクトリで作業中の変更を一時退避する為のコマンド
$ git stash save "hoge" ワーキングディレクトリのものをhogeという名前をつけて退避
$ git stash list 現時点で退避しているものの一覧を表示
$ git stash list -p 変更内容も表示
$ git stash show stashName 各変更を詳しく表示
$ git stash apply stashName 復活
$ git stash drop stashName stashリストの中のstashを削除
$ git stash pop stashName 上2つを同時に行う
$ git stash branch newBranch stashName stashからブランチを作成する
【参考】transitive.info – git stash 使い方

 

conflict

適当に修正してcommitしなおすと良い。
git logを見ると両方のログが残っているので戻そうと思えばどちらにでも戻せる

また重大なコンフリクトが発生したら詳しくまとめます。

コメントを残す