Mac HighSierraにOpenCV3を入れる

だいぶ前にopencvを入れようとしてなんかうまくいかなくて挫折してそのままにしていたのですが、
また割と必須な状況になったので、再びトライしてみるとうまくいったのでその時のメモです。

“Mac HighSierraにOpenCV3を入れる” の続きを読む

ReactNativeにstyled-components-tsを導入する

styled-components-tsを入れたのでその時のメモ

“ReactNativeにstyled-components-tsを導入する” の続きを読む

DockerでJenkinsコンテナを作りGithubと連携する

Docker、JenskinsでCI環境を作ったときのメモです。

“DockerでJenkinsコンテナを作りGithubと連携する” の続きを読む

ReactNativeにStorybookを導入する

前回のTypeScript導入に引き続き今回はStorybookを導入して使ってみるところまでをやっていきます。

少し話がそれますが、ReactNativeのベースになるリポジトリを作成しています。
【参考】mrsekut/react-native-base-templates – GitHub

導入などに関しての目次となるようなインデックスページを用意しました。
【参考】ReactNative index

“ReactNativeにStorybookを導入する” の続きを読む

ReactNativeにTypescriptを導入する

環境構築の大変なReactNativeのベースになるリポジトリを作ってみることにしました。

【参考】mrsekut/react-native-base-templates – GitHub

 

導入などに関しての目次となるようなインデックスページを用意しました。
【参考】ReactNative index

 

前回のstyled-components導入に引き続き、今回は、最初にTypescriptを導入していこうと思います。

 

“ReactNativeにTypescriptを導入する” の続きを読む

DoxygenとGraphvizでコードのドキュメントを自動生成する

OSSのコードリーディングの為にドキュメントを自動生成したり、
共同開発のために簡単にドキュメントを作成できるツールにDoxygenというのがあります。

 

ドキュメント生成ツールはいくつかあるのですが、
DoxygenはC++、C、Java、Objective-C、Python、IDL、Fortran、VHDL、PHP、C#など色々な言語で使えるので言語の混じったプロジェクトを作っている場合に便利です。

“DoxygenとGraphvizでコードのドキュメントを自動生成する” の続きを読む