タイタニック号沈没事故のデータ分析してみました。

タイタニック号沈没事故に関してデータ分析してみました。
初めてのデータ分析です。

 

タイタニック号沈没事故に関しては、映画にもなっている有名な事故ですが、
僕は映画も見たこともないし、事故の概要も全く知らず、
知っていることと言えば、テーマソングを聴いたことあるくらいです。
てか、エンダアアアってタイタニックじゃないんですね。
ですので、主にwikiで概要を知りました。
タイタニック号沈没事故 – Wikipedia

少しyoutubeも見てみました。
タイタニック号の真実 – YouTube

 

タイタニック号沈没事故とは

1912年4月14日の夜に当時最大の客船だったタイタニック号が氷山にぶつかり、その2時間40分後に沈没した事故のことです。
2224人が乗っていて、そのうち1513人が亡くなりました。
これは当時の最大死者数の海難事故だそうです。
海水温度は-2度だったらしい。


【出典】:タイタニック号沈没事故 – Wikipedia

 

実際にやってみた

所感

正直、データ分析ってどうやるのが正解なのだろうと思いました。

・あるデータがあり、何かを伝えたい時にどのグラフを使うのが最適なのか
・その可視化された結果を見た時にどこに注目して、どう推察すべきか
・これらを踏まえてどう機械学習に応用するか
などなど、これら以外にももっと沢山の目のつけどころがあるかと思います。
どこで勉強するのが最適なのでしょうかね。

コメントを残す